商品価格の決め方と見せ方

advertise-766823_640

商品を販売する際に絶対に決めなければいけないのが、商品価格です。 ですが、「商品価格を決める」のは、とても難しいですよね…
ネットショップで、価格を決める際の悩みは、主に下記が多いと思います。

・価格が競合の他店より高いとお客さんを取られてしまう。
・商品が実際に確認できる訳ではないので、価格が安すぎると、悪い商品なのではないかと、お客様に不安を与えてしまう。

今回は、上2つについての悩みを解決できる話をしていきたいと思います。

商品価格を決める際のポイント

kaisya_komaru_woman

商品価格を決めるときのポイントは、「高すぎず」「安すぎず」です。そんなこと知っていると言いたい方も多いと思いますが、とても重要です。

「高すぎず」「安すぎず」の間を取るためには、その商品の競合他社の価格調査を行うことが一番大切です。

ですが、1つ1つの商品のそれぞれのモールの競合他社の価格なんて、正直調べることなど不可能に近いですよね…
競合他社の価格に関しては、自動で調査をしてくれるシステムを使った方が効率が早いですし、費用面も手動でやる場合の人件費より安く済んでオススメです。

競合他社の価格の調査ができてきたら自分のショップの強み(送料が安い、おまけを付けているなど)を生かして商品価格を少しずつ上げて行くなどの施策を打つのがいいでしょう。

自分の店舗の強みを探し出すのは難しいことですが、価格競争を勝ち抜くための重要な要素です!

商品価格の見せ方

さて商品価格を決めたら、次に価格の見せ方についてです。

・大台割れ価格
・ジャストプライス

他にも見せ方は、ありますがこちらの2点についてお話していきたいと思います。

大台割れ価格

「2,980円」「29,800円」などのちょうど、金額に数10円、数100円足りない商品価格を見たことがある方は、多いと思います。これが大台割れ価格と呼ばれている価格です。

例①:1,000円の商品を980円
例②:30,000円の商品を29800円

桁を1つ下げたり、1番上の桁の数字を下げたりすることで、実際はそんなに値下げをしていなくてもお得感を感じてもらえます。

ジャストプライス

こちらは、大台割れ価格とは違い「2,000円」「30,000円」などの端数がない価格のことを言い、100円ショップなどがジャストプライス戦略です。

この価格にすることで、お客様は商品金額の計算を悩まずに、商品を選ぶことだけに集中でき、複数購入に繋がるパターンが増えていきます!

買う側がお得だと感じるジャストプライスをつけることが重要です。この際、どの価格帯でジャストプライスを付けるかを決めるために、競合他社のの価格調査が重要です。

結局「どれをやればいいの?」と思ってらっしゃる方が多いと思います。
こればかりは、販売している商品などによって大きく戦略が変わので、一概にどれが良いとは言い切れません。 いろいろと試していただき、自分のショップに合う価格の付け方を探してみては、いかかでしょうか。

「競合調査が大変」と思う方には、価格を自動調査するシステム「らくらく最安更新」がございます。

30日間無料で利用できる、無料トライアルをご用意しています。まずはトライアル期間で、機能をしっかりお試しいただければと思います。

本サービスに関して、詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

キーワード検索時の送料登録機能を追加!

お客さんが商品を選ぶ際には、商品価格だけではなく、送料も選ばれるポイントのひとつです。

例えば、競合ショップと同じ商品価格で、自分のショップが送料500円、競合が送料無料だと、お客さんは送料無料の競合を選んでしまいます。

そこで今回は、送料の対策に役に立つ新機能のご紹介です。

らくらく最安更新には、自動価格調査を行う種類として、「JAN」調査と「キーワード」調査の2つの パターンがあります。

新機能追加前は、JAN調査のみ、調査対象ショップの送料を取得していましたが、 ユーザー様から「送料を加味した実質価格の金額で表示したい」などの 送料に関するご要望を多く頂いていたため、今回、新機能を追加しました!

※実質価格についてはこちら

機能詳細

らくらく最安更新で価格調査後、商品管理画面の「最安値」項目に、調査結果、最安値のショップの商品価格が表示されます。その項目をクリックすると商品ランキングという画面へ飛びます。

s-01

飛んだ先の商品ランキング画面に「調査店舗送料設定」のボタンがあります。
このボタンをクリックすると各ショップの送料を登録できます。商品名にリンクが付いており、少し大変ですが競合のショップページを確認しながら、送料を入れる形です。(送料無料については、自動で取得しています)

登録後、次回の調査から送料やポイントを「含む」設定にしていた場合は、実質価格での価格が考慮されます。

モールの送料のある所ってどこ?

Yahoo!ショッピング

s-03

Yahoo!ショッピングの場合、上の画像のように商品ページの価格部分に書かれていることが多いですが、フッター部分に送料が書かれていることもあります。


楽天市場

s-02

楽天市場の場合も上の画像のように商品ページの価格部分に書かれていることが多いです。見つからない場合は、少し探しにくいですが会社概要のページの中に送料が書かれていることがあります。

キーワードで調査の場合でも、送料を自動で取得できるのが、一番良かったのですがモール側の仕様などがあり、手動となってしまいました。 JAN調査では、引き続き自動で送料を取得できますので、お客様の商品に合った調査をしていただければと思います。

30日間無料で利用できる、無料トライアルをご用意しています。 まずはトライアル期間で、機能をしっかりお試しいただければと思います。

本サービスに関して、詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

年末年始の営業につきまして

平素はらくらく最安更新をご利用いただき、誠にありがとうございます。

早いもので本年も残り一か月を切りました。
本年中は格別のお引き立てを賜り、まことに有り難く厚く御礼申し上げます。
来年も変わらぬお引立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、誠に勝手ながら、らくらく最安更新を提供しておりますグリニッジ株式会社では下記の期間につきまして年末年始の休業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。

1.休業期間

2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)
※12月28日は午前中(※電話受付は11時まで)をもちまして業務を終了させていただきます。

2.お問い合わせ対応

休業中のらくらく最安更新へのお問い合わせにつきましては、2019年1月4日(金)以降のご返答とさせていただきます。
何かとご不便をお掛け致しますが、ご了承のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

3.緊急対応

休業期間中も適宜確認をしておりますので、何かございましたら
saiyasu@greenwich.co.jp までメールをお送りください。

 

以上となります。

今後ともらくらく最安更新ならびにグリニッジ株式会社をどうぞ宜しくお願い致します。

グリニッジ株式会社

楽天市場でも実質価格で最安値に更新!

実質価格とは?

楽天市場では、商品価格以外に送料やポイントの付け方も、店舗によって違います。実際にお客様が買い物をするときは、これらも考慮して、買い物をします。商品価格に送料を足しポイント分を差し引いた金額を実質価格と呼んでいます。

送料の落とし穴

お客様がショップで買い物をするときに、より安く買いたいのは当然のことです。ただ、いくら安くても、送料が高くては、実際に払う金額は高くなってしまいます。
たとえば、5,000円のコートと4,500円のコートがあるとします。ただし、5,000円のコートは送料無料、4,500円のコートは800円の送料がかかるとします。
そうすると実際に、お客さんが払う金額は、5,000円、5,300円と言うことになり、商品価格は高くても5,000円のコートを買った方が得になります。

商品価格が他社よりも安くても、送料を含めると他社の方がお得と言うことでは、自店舗を選んでもらえないのです。

ポイントでお得感

楽天市場では、ポイントも次の買い物では、お金と同じように使えるので、選ぶ際の決め手になります。
今度は、靴を買うとします。一方は、2,800円、一方は3,000円です。ただし、2,800円の方はポイントが1倍、3,000円の方はポイントが10倍つくとします。ポイントを差し引いて考えると、2,800円の方は1倍分の28円を差し引くと2,772円、3,000円の方はポイント10倍分の300円を差し引くと2,700円になります。
その時限りしか、楽天市場で買い物をしない人であれば、2,800円の方がお得になりますが、次の買い物を考えれば、3,000円の方がお得になります。

楽天市場では、ポイントも加味して買い物をする人が多いので、競合他社のポイントにも注意して価格を設定しなければいけません。

決め手は、実質価格

楽天市場は、ポイントキャンペーンをアピールしてることもあり、リピーターが多くいます。リピーターの多くは、買い物に慣れているので、送料やポイントを考えて、買う商品を決めます。店舗側も商品価格だけではなく、競合他社の実質価格を考慮して、価格を付けなければいけないと言うことです。

楽天市場で実質価格での更新に対応!

今回、らくらく最安更新では、実質価格での価格更新に対応しました。
商品価格に送料を足しポイント分を差し引いた金額で、他社よりも安い価格に更新します。これで、商品価格は安いけど、送料があるので、結局、多店舗に取られてしまうと言うことがなくなります。 設定方法も、らくらく最安更新内に自社の送料とポイントを設定するだけです。
※楽天市場では、実質価格の表示がありません。そのため、実質価格で価格調整した場合、商品価格順では、順位が下がる場合もあります。

らくらく最安更新は、30日間無料でトライアル可能!
本サービスに関して、詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください

価格調査時の除外機能3つ追加!

自動価格調査をしていく中で、「価格調査対象にしたくない商品がある」や「価格が想定より下がっている」などのお悩みをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?

今回、らくらく最安更新では、ユーザー様のお悩みを解決するために、新機能として下記3つを追加しました。

  • 調査下限価格設定
  • 調査除外キーワード設定(楽天とヤフーショッピングのみ)
  • 前回の調査結果から除外対象設定(楽天とヤフーショッピングのみ)

  • 調査下限価格設定について

    kagen

    上の画像の赤枠に「調査下限価格」という項目があります。
    こちらに対象にしたくない商品の価格を入れていただくと、設定した価格以下の商品は、調査対象になりません。

    例えば、ヤフーショッピングで、時々あるのですが、ゴルフクラブのJANコードのはずなのに、競合他社がゴルフボールなどの付属品にもゴルフクラブのJANコードが登録されていることがあります。
    今までだと、その場合、下限価格まで一気に下がってしまいましたが、調査下限価格を設定してもらうことで設定した価格以下の商品は、対象にならないので、本当に勝負したい価格で調査ができます


    調査除外キーワード設定について

    keyword

    上の画像の赤枠に「調査除外キーワード」という項目があります。
    こちらに対象にしたくない、競合他社の商品名に入っているキーワード(複数登録可能)を入れていただくことで、設定したキーワードを含む商品は、調査対象になりません。

    例えば、調査下限価格の例のように、別の商品にJANコードが登録されていた場合に、その商品の商品名だけにあるキーワードを設定することで、避けることができます。
    ですが、調査したい商品にも設定したキーワードが含まれていると、調査されないのでキーワードの選択には、ご注意をお願いします。


    前回の調査結果から除外対象設定について

    ranking

    らくらく最安更新には、上の画像のような、商品(モール)ごとの調査結果がランキングとして、表示されるページがあります。

    ランキングページにあるチェックボックスで、除外したい商品にチェックを入れて、赤枠の除外するボタンを押下だけで除外できるので、とても簡単です。 また、除外一覧から除外を解除できますので、お気軽にご使用ください。
    こちらの機能に関しましては、次回調査時の除外設定になります。

    3つの除外機能を使い分けていくことで、価格調査の精度が上がり、使いやすい形になっていきますので、ぜひ、新機能を使ってみては、いかかでしょうか!

    30日間無料で利用できる、無料トライアルをご用意しています。 まずはトライアル期間で、機能をしっかりお試しいただければと思います。

    本サービスに関して、詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください

    ヤフーショッピング、実質価格での価格調査&価格反映対応!

    前回の記事でもご紹介させていただきましたが、ヤフーショッピングには下の画像のようにJANコードで一致した商品の最安値を表示をするページがあります。

    yahoo4

    ヤフーショッピングで出店されている店舗様の中には、最安値のページで商品価格だけではなく、送料やポイントも考慮して、競合他社と価格勝負をしたいという方も多いと思います。 でも手動でそこまで価格調査をすると、とても大変ですよね…

    今回、らくらく最安更新では、かねてよりユーザー様からのご要望頂いておりましたヤフーショッピングの最安値ページから、送料やポイントを含めた実質価格での自動価格調査を行う新機能を追加しました。

    機能詳細(らくらく最安更新設定画面)

    realPrice3

    上の画像が、らくらく最安更新の設定画面です。
    実質価格での調査のパターンは、3パターンあります。

  • 商品価格+送料-ポイント
  • 商品価格+送料
  • 商品価格-ポイント

  • 価格調査設定で、送料、ポイントの「含む」「含まない」を選択することで、調査方法のパターン設定ができます。

    商品ごとにパターンを変更できますので、それぞれの商品にあったパターンで調査して競合他社との価格勝負に役立てていただければと思います。

    価格反映時には、自店舗の送料やポイントを考慮して、商品価格を変更できます。
    ヤフーショッピングに出店している店舗様で実質価格での価格調整を行いたいという方は、ぜひお気軽にお問合せください!

    30日間無料で利用できる無料トライアルをご用意しています。
    まずはトライアル期間で、機能をしっかりお試しいただければと思います。

    本サービスに関して、詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    2018年 夏季休業に関するお知らせ

    平素はらくらく最安更新をご利用いただき、誠にありがとうございます。
    らくらく最安更新を提供しておりますグリニッジ株式会社の夏季休業につきまして、下記の通りご連絡申し上げます。

    ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

    1.休業期間について

    弊社では誠に勝手ながら、以下の期間につきまして休業とさせていただきます。
    休業日 : 2018年8月13日(月)~2018年8月17日(金)

    2.お問い合わせ対応について

    休業中のらくらく最安更新のお問い合わせにつきましては、2018年8月20日(月)以降のご返答とさせていただきます。何かとご不便をお掛け致しますが、よろしくご了承のほど、お願い申し上げます。

    3.緊急対応について

    らくらく最安更新をご利用で、緊急対応が必要な場合は恐れ入りますが、らくらく最安更新サポート窓口:saiyasu@greenwich.co.jp までメールをお送りください。

    今後ともらくらく最安更新ならびにグリニッジ株式会社をどうぞ宜しくお願い致します。

    グリニッジ株式会社

    価格調査とモール最安値

    価格調査を行う上で、どこから最安値を調べたらよいかわからないことがあると思います。
    今回は、その価格調査をする上での見方やポイントについて書いていきます。

    「らくらく最安更新」は、調査できるモールが4つ(価格.com、amazon、楽天市場、ヤフーショッピング)となっています。

    そちらの4つのモールの最安値について、お話しできればと思います。

    価格.com

    価格比較といえば、価格.comがやはり実績一番です!
    いろいろなモールのショップの最安値が表示されていて、価格を知りたい時にはとても役に立ちますね。
    さらに上の画像にあるように「送料込の価格」や「支払方法の種類」を考慮した最安値が調べられて使いやすいと思います。
    これを自分で検索して調査しようとしたら、とても大変なことです…

     

    楽天市場

    楽天市場は、商品を検索した時に、JANがある商品だと上の画像の赤枠のように「最安ショップを見る」と書いてあります。
    そこをクリックすると、その商品の価格が安い順に並べられた、価格を比較するのにとてもわかりやすいページが表示されます。
    価格.comほど色々な価格を表示できないですが、楽天市場内で欲しい商品を安く買いたい時には、十分比較できますね。

     

    ヤフーショッピング

    ヤフーショッピングも商品を検索した時に、JANがある商品だと上の画像の赤枠のように「この商品の最安値を見る」と書いてあります。
    そこをクリックすると、楽天と同じようにその商品の商品の価格が安い順に並べられたわかりやすいページが表示されます。
    しかし、楽天と違う所は、「商品価格+送料+ポイント」を考慮した実質の最安値が出せる所です!
    上の画像は、「商品価格+送料+ポイント」で出した場合の表示です。もちろん商品価格だけのも出せます。
    商品価格だけが価格勝負の大事な所ではないので、このように表示してもらえると送料やポイントも考慮されていて、結果的にいくら価格を下げればいいか、わかりやすくてとても助かりますね!

     

    amazon

    amazonの場合は、検索後に商品を表示し、他の販売者を表示して、価格等の販売条件を比較するのがよいでしょう。
    ですが、amazonはカートボックスを獲得できるかどうかが売上を左右します。
    その獲得評価要素の中にも価格の項目がありますが、必ずしも最低価格をつけることでカートボックスを獲得できる保証はありません。

     

    まとめ

    あらためて4つのモールを比較してみると、それぞれ特徴があります。
    実際に価格調査を行う時は、自店舗で出店しているモールか、いろいろなモールを見られる価格.comを対象にすることになりそうですね。

    らくらく最安更新では、お客様のご要望に随時耳を傾けて、さらに使いやすいシステムに進化させていきます。

    30日間無料で利用できる、無料トライアルをご用意しています。 まずはトライアル期間で、機能をしっかりお試しいただければと思います。
    一度使っていただきまして、ご要望等ございましたら、ご連絡ください。

    本サービスに関して、詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    新機能!キーワード検索での価格調査

    PAK145152451_TP_V4

    らくらく最安更新では、これまで、調査時にJANコードを使用して、対象となる商品を調査していました。

    しかし、楽天市場、Yahoo!ショッピングでは、JANコードのない商品も多く登録されています。そのような商品も価格調査の対象にしたいという声をいただいておりましたため、今回新たに“キーワード検索機能”を追加し、JANコードがない商品も、キーワードを設定することで価格調査できるようになりました。

    機能詳細

    例えば、従来は、競合他社の同じノートパソコンの価格を調査したい時、同じ型番やJANを設定し、価格調査を行っていました。

    今回の新機能では、キーワードを設定することで、商品名にそのキーワードが含まれる商品をすべて調査対象にできます。例えば、「ノートパソコン 15インチ」と設定すれば、「ノートパソコン 15インチ」と商品名に入っている商品はすべて対象です。

    除外キーワードも設定可能

    今回の機能追加では、特定のワードが商品名に入っている商品を、調査対象から省く機能も追加されました。

    例えば、先ほどのように「ノートパソコン 15インチ」と対象商品をキーワードで設定した場合、「ノートパソコン 15インチ用キーボードカバー」なども対象になってしまいます。この場合は、「キーボードカバー」を除外設定することで対象から外すことができます。

    調査対象をキーワードで設定した場合、思いがけない商品が対象になってしまう場合がありますので、そういった商品をこの除外キーワード機能で省くことができます。

    ぜひ、新機能を生かし、店舗運営にご活用ください!

    ※キーワード検索機能は、楽天市場とヤフーショッピングでの価格調査時にのみ利用いただけます。

    30日間無料で利用できる、無料トライアルをご用意しています。 まずはトライアル期間で、機能をしっかりお試しいただければと思います。

    本サービスに関して、詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

    5月25日は、午前中のみの営業となります

    平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

    5月25日は、社員研修の為、12:30までの営業となります。
    ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。

    【お問い合わせ対応】

    5月25日12:30以降のお問い合わせにつきましては、2018年5月28日(月)以降のご返答とさせていただきます。
    何かとご不便をお掛け致しますが、ご了承のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

    【緊急対応について】

    らくらく最安更新をご利用で、緊急対応が必要な場合は恐れ入りますが、らくらく最安更新窓口:saiyasu@greenwich.co.jp までメールをお送りください。

     

    以上となります。

    今後ともらくらく最安更新ならびにグリニッジ株式会社をどうぞ宜しくお願い致します。

    グリニッジ株式会社