競合を調査し価格を自動更新して利益を増やす方法


自社運営のECショップや楽天、アマゾンなどのモールへの出店などのオンライン販売では「原価及び仕入れ値と販売価格」によって利益の基礎となる数字が決まります。

もちろん、商品価格による利益だけではなく、その他のコストも加味しなければならないことを考えると、少しでも利益を増やすことを考える必要があります。

今回は少しでも利益を増やすために、競合を調査し価格を自動更新して利益を増やす方法や考え方についてご紹介します。

価格を決めるうえで気をつけるポイント

まずは定価や相場以外の価格の付け方や考え方などをいくつか見てみましょう。

悪質な高額転売が目立つ今だからこそ気をつけたいこと

「転売ヤー」と呼ばれる商品の転売を専門とした業者によって、定価や相場から逸脱した価格にはマイナスイメージが持たれるようになりました。

健全でクリーンなオンライン販売を運営する側としては同じように思われてしまうのは心外ですし、何よりもイメージダウンとなることは割けなければなりません。

しかし、利益を出すという点で言えば、状況によっては定価や相場よりも高く設定することも時には必要なのも確かです。

顧客やユーザー側としても「多少高くても良いから信頼できるショップで買いたい」と思うのもごく自然でもあります。

必ずしも定価や相場、もしくは希望小売価格が正しいという固定観念を持たないことをまずは覚えておきましょう。

希少価値や流通量に応じた「適切な価格」を

極端な話ではありますが、希少価値の高い商品=レアリティのある商品や市場に流通している数が少ないものについては、やはり高値が付けられることがあります。

ここで難しいのが「高くても買いたい」という人と「少しでも高く売るなんて最低だ」と思う人がいるということです。

実店舗や普段利用しているネットショップで購入できないから、多少高くても別のショップで購入するというのは「欲しいものを手に入れる」というごく自然な欲求と言えます。

だからこそ、売る側としても手に入りにくい商品を確保して販売していることを考えると、多少高くして利益を確保しても必ずしも責められるとは限らないということでもあります。

ただし、足元を見られているかのような価格設定を嫌がる顧客やユーザーがいることも忘れてはいけません。

売値は「店」が決められることを忘れない

そもそも商品の価格=売値は売る側が決められるということを忘れないようにしましょう。もちろん、買う側にも選ぶ権利はありますし、高ければ買わない、高くても買うは個々人の判断で決めるべきことと言えます。

安くしなければ買ってくれない=利益が少なくなるということを忘れてしまうと、売れれば良いという考えになってしまい、最終的には利益の出ない体質になりがちです。

同時に商売は利益が出なければ継続できないということ、極端なことを言えば利益が出なければ自分自身の利益(給与)も上がらないということを強く意識しましょう。

競合他店の状況に合わせて適切な価格に変更しよう

次に競合他店の状況に合わせて適切な価格に変更する方法や考え方についてご紹介します。

基本的に当社の提供する自動価格調査ツールである「らくらく最安更新」を利用することを前提に説明しておりますので、ぜひこの機会にらくらく最安更新の利用を検討してくださると嬉しいです。

仕入れ値や原価では勝負しないことが重要

小売やオンライン販売では想像もできない数の競合他店があります。まず、仕入れ値や原価で勝負し、薄利多売で勝ち抜けようとするのはおすすめできません。

競合他店と勝負すべきなポイントは「最終的な利益がどれだけ多く得られるかどうか」だけで十分と言えます。同時に競合他店がどれだけ儲かっているかはわからないため、気にしすぎたり、勝負しているような気持ちになりすぎたりすることもあまり意味がないと理解しておきましょう。

適切な価格を適切なタイミングで提示しよう

例えば、競合他店の在庫が切れている状態であれば、安売りしなくとも定価、または相場+αの価格を提示したほうが確実に利益がプラスになります。

しかし、在庫がなくなるまでの間、売れない時間が続くのは機会損失であるのも確かです。当社の提供する「らくらく最安更新」であれば他店が在庫切れになり販売ページがなくなったら、自動で調査対象が切り替わり、値上げをします。売り逃しを少なくしながら、状況に合わせて利益の最大化を行うことができます。

売るだけ、ではなく利益を出すことを意識すべき

定価や理想の相場で売ることが決して悪い訳ではありませんが、市場の流通量やニーズ、実質的な相場に合わせて販売価格を決める方が利益が出るのは確かだと理解しましょう。

もちろん、1000円のものが2000円で販売されていたら嫌ですし、ニンテンドースイッチのように定価+1万円~2万円で販売されているようなケースは褒められるべきではありません。

考え方的には販売する側の「利益」と購入する側の「利益」が釣り合うことが大事だということです。例えば、定価や相場が1000円であっても、1500円が原価、仕入れ値であれば2000円以上で販売することは間違っていないということであり、逆に定価や相場、希望小売価格であっても原価割れ、仕入れ値より低い価格で売ることはタブーであるということです。

まとめ:50円、100円が積もれば大きな利益になることを忘れない

商品を販売する上で理想となるのは「安く仕入れて、可能な限り高く売ること」です。

逆に言えば、高く買って安く売るというのは現実的ではないということ。もし、仕入れ値や原価、競合他店の価格や在庫状況に合わせて自動で価格を設定したいのであれば、ぜひとも当社の提供する「らくらく最安更新」をご利用ください。価格の上限や下限を設定することで、あとは自動で価格調査から価格更新まで行われますので、人的なコストや時間的なコストの削減にもつながります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がECショップや各モールに出店されている方で少しでも利益を上げたい方、利益を上げるための考え方を知りたかった方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます