ネットショップの競合調査を自動化してコストカットする方法

ネットショップを運営していると他のECサイトやモールなど、同様のジャンルを扱う競合他社の価格・値段が非常に気になりますよね。

特にオンライン販売では値段ありきで選ぶユーザーが多いため、少しでも値段が高ければ売れ残ってしまう可能性が高いです。

しかし、値段が安すぎれば利益になりませんし、何よりも競合調査は手間暇と時間を必要とする作業であり、人件費やリソースの負担も小さくありません。

今回はネットショップの競合調査を自動化して、コストカットする方法をご紹介します。

ネットショップは「値段」が命


まずはネットショップの競合調査が必要な理由と手間や時間が掛かる原因をチェックしましょう。

顧客/ユーザーは1円でも安く買いたい

今の時代はパソコンやスマートフォン、またはタブレットで検索するだけで欲しい商品を簡単に見つけることができます。

モールやショップごとのポイント、送料や到着するまでの時間などに合わせて、顧客やユーザーは自分の好きな場所で買うことができますし、そもそも届く商品が同じだとすれば1円でも安く買いたいと考えるのはごく自然なことと言えるでしょう。

まずは競合他社との比較に負けないために、価格調査によって値段による訴求力を高める必要があるということです。

ポイントや送料無料なども計算に入れるのは大変

単純に同じ商品を取り扱うECショップやモールを調べるだけでも大変なのに、ポイントや送料無料なども計算に入れなければ、結果的に割高に感じられることもあるでしょう。最終的に支払う金額が高くなってしまうのであれば買ってもらえない可能性があるということ。

しかし、ショップやモールごとのサービス・ポイント・送料をすべて手作業で調査し目視でチェックするのはとても大変です。同時に競合調査した価格帯の中から単に最安値にするだけでは利益が出なかったり、マイナスになったりする可能性もあります。

調べた値段がすぐに変更されることも?

競合調査をするのが自社だけとは限りません。競合他社も価格を調査し、適切な価格に設定しなおす可能性も十分にあります。単純に土日がお休みだとすれば、売上に影響の出る曜日に適切な値段に変更できず、機会損失となることも考えられるでしょう。

とはいえ、休みなく働きつづけたり、その分の人員を確保し維持し続けるというのは現実的ではありません。人件費が利益を圧迫し、目減りさせてしまうとすれば、本末転倒になってしまいます。

ネットショップの競合調査を自動化するツール


実は競合調査や価格調査を自動化できるサービスやツールがあります。どのような特徴があるのかチェックしてみましょう。

各モールや競合サイトの価格をシステムが自動で調査

競合調査は目視や手動によるチェックでデータを集める必要があります。しかし、競合調査や価格調査を自動化するサービスやツールを利用すれば、商品を登録しておくだけで価格調査が行われます。

他のECショップやモールでバラバラに表示される価格を見やすく集計してくれるので、あとは価格の設定をするだけで適切な価格帯で他のショップと勝負することが可能です。

人件費のカットやリソースの確保に繋がる

競合調査や価格調査は非常に大切ですが、その分、大変なのも事実です。競合調査や価格調査するサービス、ツールを利用すれば目視によるチェックや手作業がゼロになり、必然的に人件費をカットできます。

同時に現在の人員のリソースの確保にもつながるので、ネットショップ運営としての余力が増えて、さらに利益を作るための余裕が出てきます。

特に競合調査や価格調査によって適切な金額を設定しなければならないというストレスの軽減にもつながるので、結果として作業負担と精神的な疲労の低減にもつながるでしょう。

らくらく最安更新なら自動価格更新も可能!

競合調査や価格調査など、自動でデータの収集まで行ってくれるツールやサービスはいくつか存在しますが、自動で価格更新してくれるツールやサービスは少ないです。できることなら自動で価格更新してくれるほうが便利ですし、悩むことも少なくなり、何よりもさらに作業負担を軽減となるでしょう。

当社の提供する「らくらく最安更新」であれば自動価格更新も可能となり、土日や祭日など営業時間外も含めて適切な価格を設定し続けることができます。下限価格を設定することで利益がマイナスになることはありませんし、1日12回まで自動で価格調査と価格更新することができるので、時間差による機会損失も少なくなります。

らくらく最安更新の無料トライアルを提供しておりますので、気になった場合はぜひともお気軽にご相談、お問い合わせください。

まとめ:競合調査や価格調査を自動化して売上を伸ばそう

ネットショップで出品、販売する商品の需要があればあるほど価格によって売れるかどうかは決まってしまいます。もちろん、ショップ運営としての質、到着するまでの日数、対応の良さによって選ばれたいですが、まずは一度でも買ってもらわないとショップとしての良さを体験してもらえないのも事実です。

逆に言えば、適切な値段で提供し続けることができれば、値段・価格ではない部分でも競合他社と勝負できるということでもあります。

ネットショップやオンライン販売のネックとなる価格に関する問題を自動化して、さらにショップ運営としての質の向上を高めることや新しいサービスの導入など、売上の増加となる工夫ができる余力を作り出してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がネットショップの競合調査や価格調査にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます