【ヤフー】価格調査と更新の自動化が9割!売上アップの近道!

ヤフーショッピングの運営において、価格調査と更新に関する労力や時間的なコストが負担になっていると感じることはありませんか。

価格に関する課題や問題に対する解決策として「価格調査と更新の自動化」をおすすめします。なぜなら、手動による労力や時間的なコストを削減し、かつ利益の最大化が見込める仕組みになるからです。

今回は、価格調査と更新が必要な理由、手動での調査と更新が限界、ヤフーの価格調査にらくらく最安更新がおすすめな理由と便利な機能についてお話します。

【目次】
1. 価格調査と更新が必要な理由
2. 手動で価格調査と更新するのは限界
3. ヤフーの価格調査と更新はらくらく最安更新がおすすめ!
4. らくらく最安更新の便利な機能
5. まとめ:価格調査と更新がマスト!らくらく最安更新で売上アップ!

価格調査と更新が必要な理由

Contact Assistent Good Job Concept

はじめに、価格調査と更新が必要な理由について解説します。

ユーザーは検索結果の価格で比較するため

ヤフーショッピングで商品を購入する際、必ず、商品名や目的・用途などで検索します。

さらに商品の最安値を見る【価格比較ページ】で送料やボーナスポイントも考慮しながら、商品ページにたどりつきます。

価格比較ページに入らない商品はユーザーの視野に入りづらく、ユーザーの視野に入ると、売れる可能性が高くなり、購入するきっかけになることを意識しましょう。

競合のショップで同じ商品だと価格勝負になるため

必ずしも値段ありきとは限らないユーザーもいますが、同じ商品を比較する際「1円でも安く、なるべく安心できるショップで購入したい」と考えるのは自然です。

価格勝負に勝つためには、「最安値」での勝負になります。

最安値と言っても「利益が出て、売れる価格」の範囲で、価格更新の判断をしなければなりません。

オンライン上の価格は常に変動するため

オンライン上にあるほとんどの商品は、常に一定の価格とは限りません。セールもあればキャンペーンもあり、流行り廃りもあります。

価格調査を行ったのに、次の瞬間には変動してしまう、その上で利益の出る価格を判断し、更新しなければならない。とはいえ、メーカー希望小売価格や定価で固定してしまえば売れなくなることもあります。

手動で価格調査と更新するのは限界

次に、手動で価格調査と更新するのは限界があることについて解説します。

新しいショップも含めリアルタイムに変動する価格を追えない

手動での価格調査と更新に限界がある理由として、日々、変動する価格とともに調査対象になる新しいショップが増えていきます

そうなると、リアルタイムに価格を追えないのは明白で、手動ではどうしても限界があります。

調査する商品数やショップ数に限界がある

単純に100商品、10ショップとして、1000件の調査を行うとして、1件あたり1分だと考えても、1000分であり、約17時間もの時間を要します。現実的に対応できる作業量ではありません。

実際には、もっと商品数も調査対象も多く、やはり手動での価格調査と更新はリアルタイムで価格を追いきれません。

価格の見直しが追いつかず安く売りすぎてしまう

例えば、自分のショップが9000円で、最安値のショップが8900円の商品が売り切れになったとします。

手動で価格の見直しが追い付かず9000円のままでも、もちろん利益はでますが、2位以下の店舗が1万円以上で販売していた場合、価格の見直しができれば9500円や1万円で売ることも可能になるかもしれません。

結果的に、手動では価格の見直しが追いつかずに安く売りすぎてしまうこともあります。

この章のまとめ:自動化で解決するのが近道!!

これらに共通する解決策としては、「自動化」が鍵になります。リアルタイムに価格調査と更新を「手動ではなく自動化する」ことです。

何倍もの速度で、リアルタイムに価格の変動を追うことができます。商品やショップの数が増えたとしても時間や労力の負担は増えません。

最安値の競合ショップが売り切れたら、利益が出る範囲で最安値を設定するなど機会損失と利益損失との両方を最小限にできます。

ヤフーの価格調査と更新はらくらく最安更新がおすすめ!

Great Work Perfect Best excellent Good Job Concept

次に、ヤフーの価格調査と更新はらくらく最安更新がおすすめな理由について解説します。

PayPayモールに出店しているショップも調査対象に指定可能

らくらく最安更新は、PayPayモールに出店しているショップも含めて、幅広い範囲で競合ショップの価格調査の結果を得ることが可能です。

Yahooショッピングの「価格比較ページ」に掲載されているショップは調査対象になるため、PayPayモール店も含めて最安値や最安値に近い価格で提示すること、利益や売上をアップも期待できます。

自動で24時間365日・1日12回、価格調査と価格更新が可能

らくらく最安更新は24時間、365日、しかも1日12回(商品数1000点以下)、手動では対応しきれない「リアルタイムで自動の調査と更新」が実現できます。

実際に、手動で行おうとすれば、人員を確保し、かつ維持するためのコストは膨大です。

価格調査と価格更新の自動化でコスト削減かつ、利益が出る最安値を保ちやすく、売上アップに繋がる可能性が高いです。

下限価格を設定し原価割れの心配なし!

らくらく最安更新であれば、手動にありがちな「無理な価格競争の結果、原価割れ」という事態に陥ることはありません。

下限価格を設定しておくことで、自動的に「利益が出て、売れる価格」を設定できます。そもそも、原価や仕入れ値はショップごとに異なるので無理に利益が出ない価格で売ることは、ショップ全体の利益アップにはなりません。

らくらく最安更新であれば、設定した下限価格以下の価格更新はされず、原価割れなど余計な心配やストレスもないので安心です。

最安値のショップが変動すると価格に連動して値上げも可能

らくらく最安更新は、検索結果から調査対象の最安値ショップが変わると、価格に連動して値下げだけでなく値上げもします。

手動で価格調査をする場合は、リアルタイムに競合の価格を調査することは難しいです。しかし、値下げしたままでは競合他店と価格差がうまれ、機会損失になってしまいます。

売りきれた場合、設定した範囲の価格でさらに自動で値上げをして価格更新してくれるのが、らくらく最安更新の強みです。これらは「利益の最大化」につながるということ、自動的に売上がアップしていく仕組みと言えます。

らくらく最安更新の便利な機能

次に、らくらく最安更新の便利な機能について解説します。

JANやキーワード、実質最安値(ポイント送料を含む価格)で調査

らくらく最安更新の便利な機能として、JANやキーワードによる調査とともに、ポイントや送料を含む「実質最安値」で調査できます。

商品によっては「この型番」と決まっていなくてもキーワード検索によって設定したキーワードが含まれている競合の商品を対象に調査します。

また、ユーザーは送料とポイントを含む実質最安値で選ぶため、「価格のみの更新」では不十分な場合もあります。

手動で調査する場合、ポイントや送料の調査まで行うとさらに膨大な作業量になりますが、らくらく最安更新であれば実質的な最安値を算出するので、ユーザーの視野に入りつつ、かつ選ばれやすい価格で提示することが可能です。

調査の下限価格設定で調査対象を絞り込める

らくらく最安更新は、あらかじめ下限価格を設定しておくことで、調査対象から外すことができます。

ショップや商品によって原価や仕入れ値は異なるため、本来は自分のショップが原価割れしたり、利益が少なすぎる価格での調査はあまりする必要がありません。

これは「確実に利益が出る価格」で提示できるという機能とも言えます。

すべてが実質的な最安値で勝負する商品ばかりではありませんから、確実に利益が出る商品と切り分けて考えることで、勝負する商品と利益を確保する商品によって安定的かつ着実に売上を作れる体制が整います。

競合のショップのみ調査対象、または対象から除外も可能

らくらく最安更新のこの機能は「このショップを参考にしよう」と調査対象のショップとして設定することも可能です。いわゆる売れているショップの価格で提示するといった使い方もできます。

また、特定のショップを対象から除外する機能もあります。例えば、価格競争に巻き込まれないように過度な安値、高値を参考にしないために利用可能です。イレギュラーな値動きによって自動で価格が更新されてしまうことを防ぎます。

価格更新時の調整が加減やパーセント設定可能

らくらく最安更新は、価格更新時の調整を100円、50円など円単位で値上げ・値下げ、もしくは5%、10%とパーセンテージで値上げ・値下げの設定ができます。

商品に応じて柔軟に価格を更新できます。下限価格の範囲内で確実に最安値となるよう値引きすることも、逆に上限価格の範囲内で値上げすることも可能です。

まとめ:価格調査と更新がマスト!らくらく最安更新で売上アップ!

今回は、価格調査と更新が必要な理由、手動での調査と更新が限界である点、ヤフーの価格調査にらくらく最安更新がおすすめな理由と便利な機能についてお話しました。

らくらく最安更新であれば、価格調査と価格更新の自動化が可能となり、手動による時間や労力のコストから解放されます。売上や利益が頭打ちであったり、販促だけでは購入につながらなかったりする状況の改善も期待できます。

現在、らくらく最安更新のすべての機能を無料で利用できるトライアルも実施しておりますので、実際に実務の現場でお使いいただくことも可能です。人的リソースの確保や売上アップの効果も体感できますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がヤフーショッピングに出店している運営の方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます