楽天で商品が売れない時に導入すべき価格チェックツールとは

楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなどのモールで出品していると「売れない!」と悩むことがあります。

インターネット上のモールやその他のECサイトで同様の商品、または全く同じものを売っていることはあるにせよ、あからさまに売れないとなれば何が原因か知りたいのではないでしょうか。

今回は楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなどのモールで商品が売れない時の原因売れない原因を解決するために導入すべき価格チェックツールについてご説明します。

なぜ、楽天で商品が売れないのか

まずは楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングで商品が売れない原因をチェックしてみましょう。

他のショップ/店舗の広告や露出に負けている

ECショップやオンライン販売では顧客/ユーザーに「見つけてもらえるか」がとても大事です。

簡単に言えば楽天で商品が売れないのは他の店舗と比べて広告や露出が足りない、負けている可能性があるということです。

もちろん、ショップや店舗に対する評価、他店への信用や顧客/ユーザーの囲い込み施策などが原因な可能性もあるでしょう。

楽天で商品が売れない原因のひとつとして、まずは他と比べて「見つけてもらえていない」可能性があることを覚えておいてください。

他のショップ/店舗との価格競争に負けている

ECショップやオンライン販売では「価格ありき」で購入先を選ぶ顧客/ユーザーも少なくありません。

例えば、検索画面などで「最安値」で並べ替えした場合、上位の店舗やショップのみチェックされるということです。

同じ商品、または同様の効果や機能を持つ商品を1円でも安いショップで購入したいというのは、顧客の心理的にもごく自然なことですし、売る側が責めることではないのは明白と言えます。

楽天で商品が売れない原因のふたつめに、単純な価格競争で負けてしまっている可能性があることも視野に入れておきましょう。

他のショップ/店舗と比べて価格の更新が遅い

楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなどの各モール、またはECサイトやオンライン販売で共通するのが「売り時」です。

そして売り時に「適切な価格で提供」することで、顧客やユーザーが満足するだけでなく、企業や組織として、または販売する側としての売上にもつながるのも確かです。

例えば、何らかの原因で需要が高まっている商品なのに、たった100円、50円の値引きやセールをせずに売れ残ってしまったとすれば、価格の更新が遅いことで売り時に適切な価格で提供できずに機会損失している状況です。

もちろん、必ずしも値下げやセール、ポイントアップなどの利益を圧迫するような価格提供が正しいとは言えません。しかし、売れる時に売らないのは在庫過多の原因にもなりますし、在庫を保持するためのコスト増にもつながります。

長い目で考えると、売れない商品を抱えたまま、売れていれば発生しないコストがに悩まされるよりは、売り時に売ってしまう方が利益が目減りしない可能性があるということです。

売り時を逃さないためにも価格更新が遅かったり、そもそも定期的な価格更新を行っていなかったりするような状況を見直す必要があります。

楽天で商品が売れない時に導入すべき「価格チェックツール」の効果

楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなどの各モール、またはECショップやオンライン販売で「売れない」原因をお話しました。

次に売れない原因を解決するために効果的な「価格チェックツール」についてご説明します。

各モールやECサイトの価格を一括で調査可能

価格チェックツールとは各モールやECサイトでオンライン販売されている同一の商品の価格を一括で調査可能なツールです。

商品コードや調べたいサイトの情報を登録しておくと、自動で価格調査を行うことができます。

価格調査を行うことで適切な価格による販売が可能となり、結果的に価格差による広告効果や露出の差が少なくなるでしょう。

同時に適切な価格ということは少しでも安く買いたいというユーザーの購買意欲に応えられるようになるので、機会損失も少なくなります。

価格・競合調査におけるコストを大幅にカット

本来、価格調査や競合調査は人員的なコスト、時間的なコストが必要な作業です。しかし、価格チェックツールを利用することで、コストを大幅にカットしながら、販売戦略、マーケティング戦略を練ることができます。

特に価格調査や競合調査を行っていなかった場合、価格調査や競合調査のために人を雇用して人件費を支払うというのは、別の意味で利益を圧迫する可能性も少なくありません。

価格チェックツールによって、価格調査や競合調査によって適正価格を知ることで、コストカットしながら適切な価格を提示できるようになり、結果として商品が売れやすくなります。

設定した範囲内で自動的に価格を更新してくれる

価格調査や競合調査によって価格更新する場合でも、明らかに利益がマイナスとなる価格設定をするのは正しいとは言えません。単純に100円で買った品物を50円で売るということは企業や組織として成り立ちませんし、ECショップやオンライン販売をする上でタブーとなる事柄だからです。

しかし、価格チェックツールによっては、単に価格調査、競合調査のみの機能しか有していない可能性もあります。可能であれば価格調査や競合調査だけでなく、利益を損ねない範囲の価格に自動で更新をしてくれるツールの方がより効率的であり、より実践的であると言えます。

ここでご紹介したいのが、当社の提供する「らくらく最安更新」です。らくらく最安更新では指定した金額内で自動的に価格を更新する機能があります。土日祭日や深夜早朝など、人がいない時間帯でも自動的に価格が更新されるので、価格の更新遅れによる機会損失を限りなくゼロにすることが可能です。

今ですと無料トライアルのご提供もしておりますので、気になった場合はお気軽にお問い合わせください。

まとめ:価格チェックツールで手軽に価格/競合調査を始めよう

楽天で商品が売れない原因や解決方法として価格調査ツールをご紹介しました。

もちろん価格を下げるだけで、商品が売れるようになるとは限りません。
しかし、ほんの少しの価格差で売り時に売れないという状態が機会損失であることは間違いありません。

顧客やユーザーが常に求めるものならともかく、一度購入したら十分な商品の場合、どんなに在庫を抱えていても売れないのは道理と言えます。

価格面による露出、または単純に価格競争で負けないためにも価格調査ツールの導入や利用を検討してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が楽天などの各モール、ECショップやオンライン販売されていて売れない!とお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます