調査・比較・反映・販売を一元管理できる価格更新ツールについて


ECショップやオンライン販売において顧客やユーザーの購買意欲を失わせないためには、適切な価格帯、相場内での価格提示が重要です。

もちろん、顧客やユーザーから見れば安ければ安いほうが良いですが、あまりにも安すぎると「何かあるのか?」とショップとしての信頼性を疑われます。
逆に価格が高すぎれば購買意欲が失われるでしょう。

今回は適切な価格や相場を抑える方法として、調査・比較・反映・販売を一元管理できる価格更新ツールについてご紹介します。

ECショップやオンライン販売における「価格」

まずはECショップやオンライン販売における価格についておさらいしてみましょう。

調査・比較・反映・販売の流れを知ろう

価格調査は競合調査によって相場を把握し、自社の価格と比較して決定、実際に商品の値段に反映し販売する流れです。

調査とは他店の価格を調べるということであり、ECショップや公式のオンライン販売のサイト、楽天やアマゾン、Yahoo!ショッピングなども含めた「購入できるサイト」が対象です。
比較とは自社が販売したい価格と他社の価格、商品の相場などを比較することを意味します。そして比較のあとに価格を決定するのが反映であり、最終的な販売価格です。

まずは当たり前かもしれませんが、この流れを頭に入れておいてください。

単純な仕入れ価格との差による利益ではない

商品を販売するためには商品を一時的でも保管する必要があります。そして保管して発送するまでの期間にはコストが発生します。

このことを忘れてしまうと、単に仕入れ値に利益を上乗せしたような金額になりがちであり、売れない金額のまま商品を抱える可能性も考えられます。

商品が売れずに在庫として抱える期間が長ければ、その分だけでコストが発生し、利益が目減りしてしまうということです。

利益とは仕入れ値に上乗せした金額だけでなく、売れるまでの間に発生するコストのことも考えなくてはいけません。

調査や比較、反映は人的コストが必須

在庫を抱えるためのコストの他に、商品の価格を決めるコストも必要です。調査や比較、反映は手間や時間を必要とするため、人的なコストが必ず発生します。

もちろん、商品が1つ、2つ程度であれば片手間で検索する形でもそれほど手間ではないでしょう。しかし、商品が数十点、それぞれの在庫数があり、リアルタイムで変化する価格を追うというのは簡単なことではありません。

その上、どんな商品であれ売り時があり、売り時に適切な価格を設定していなければ売れません。定番商品であっても価格設定を間違えれば売れなくなることもあります。

ECショップやオンライン販売とは価格と利益、コストを複合的に考えながら運営しなければならず、想像しているよりも大変だということです。

調査・比較・反映・販売を一元管理しながら、楽に価格を更新する方法

次に調査・比較・反映・販売を一元管理しながら、楽に価格を更新する方法をご紹介します。

価格更新ツールを導入してみる

一番簡単で楽なのは価格調査から価格の反映まで自動で行ってくれるツールを利用することです。調査する労力が格段に少なくなりますし、人的コストも必要最低限で済みます。
例えば、500点ほどの商品があるとして、それぞれ手作業で価格を調べるとすれば、それだけで500回調査する必要があります。単純に1回につき1分としても500分、すなわち8時間かかります。

その間も競合他社の価格が変更されることも考えると、物理的な意味でも現実的ではない作業だということがわかります。しかし、価格更新ツールであれば自動で情報を収集してくれるので調査そのものの時間を削ることが可能です。

調査の手間、比較し反映するための判断が不要

価格更新ツールは調査の手間を省き、同時に比較と反映の「判断」が不要となるのも大きなメリットです。特に利益を考えながらリアルタイムで価格を更新するのは神経を使いますのでストレスの負荷が大きくなります。

さまざまなコストを計算しながら価格を決めるという作業そのものが、今度はコストになってしまうということです。それらのコストを省く方法としても価格更新ツールは非常に有益と言えるでしょう。

価格更新ツールで自動化すれば競争力を高められる

価格更新ツールで調査・比較・反映・販売までの流れが自動化されれば、他社との競争力と高めることができます。

価格決定が自動化されスムーズになれば売り時に適切な価格による販売が可能です。逆に他社が無理な値下げをしていたとしても、無理に価格競争してしまうような判断ミスを防ぎ、結果として利益を守ることにつながります。

まとめ:価格更新ツールによる自動化に頼ろう

現在、手動や目視で価格調査をしている方であれば、もしかしたら価格更新ツールによる自動化と聞くと手抜きに聞こえるかもしれません。または精度があまりよくないのではと感じてしまうこともあるでしょう。

例えば、当社の提供する「らくらく最安更新」であれば、調査から販売価格の決定、変更まで自動で行われます。同時に1日1回ではなく、任意のタイミングで12回、価格更新が可能なので、リアルタイムな価格変化にも対応可能です。

むしろ、手動や目視によるヒューマンエラーやうっかりミスを減らし、判断や決定の労力やストレスを軽減してくれるので、ECショップやオンライン販売の運営を楽にしてくれます。

少しでもECショップ、オンライン販売の負担を軽減し、リアルタイムかつスムーズに価格を自動で決定したいと考えているのであれば、価格更新ツールの利用を検討してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がECショップやオンライン販売で価格に悩まれていた方、価格更新ツールの利用を検討されている方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます