オンライン販売における競合の価格調査が必要な理由と作業手順について

オンライン販売では価格調査が必要です。しかし、きちんとその理由を理解していないと、単なる作業になりがちです。
また、実際の作業手順を知らないまま漠然と調査をしていても効果的でない可能性もあります。

今回はオンライン販売における競合の価格調査が必要な理由と作業手順についてご紹介します。

オンライン販売で競合の価格調査が必要な理由

まずはオンライン販売で競合の価格調査が必要な理由をチェックしてみましょう。

ECサイトや各モールは競合他社である

ECサイトや各モールの競合他社はライバルであり、競合の価格を調査することは「マーケティング調査」や「市場調査」と同じです。簡単に言えばオンライン販売をする上で、必要最低限な仕事だということです。

もし、適切な価格や相場を知らなければ、情報が不足したまま商売をしている状態であり、競争以前の問題です。まずはECサイトや各モールの競合他社がライバルであるということを認識し、同時に競合の価格は大切な情報源であると理解しましょう。

同一の商品を適切な価格で販売しなければ売れない

現在、インターネット上ではECサイト、オンライン販売があふれています。顧客やユーザーも目利きとなってきており、価格を調べながらよりサービスが良いショップを常に探しています

価格調査や競合調査はまず相場を知ること、実際にいくらで売られているのか知ることで、顧客やユーザーから「明らかに安い」「明らかに高い」という目線で見られないようにできます。

もちろん、仕入れ値などの都合から逸脱した低価格で売ることはないと思いますが、相場より高く設定してしまっていることに気が付いていない場合は、明らかに機会損失になります。

価格調査や競合調査は各モールやECショップのセールも含めて、相場や適切な価格の変動を知るためにも大切です。

顧客やユーザーが「選べる」位置に露出する必要がある

楽天やアマゾンやYahoo!ショッピングなどのモールに出店している場合、価格が適切でないと検索結果などで露出する機会が減ってしまいます。もちろん、露出機会を増やすために安く設定しているのようなショップも見受けられますが、やはり利益にならない価格を提示するのはリスクが大きいですし、何よりも利益が目減りします。

競合調査や価格調査によって他店の価格を知っておけば、同様の価格帯、または同じ価格で提供できるようになり、あとは商品ページを見てもらってどちらが良いのか検討してもらえるようになります。
もしかしたら、一度でも利用したことがあるショップであれば優先的に利用してくれるかもしれません。

どちらにしても価格差によって露出する機会を減らすことなく、利益の目減りも防ぐこと、同時に顧客やユーザーの選べる位置、視界に入るためにも価格調査、競合調査は必要です。

オンライン販売で競合の価格調査する作業手順


次にオンライン販売で競合の価格調査をする作業手順を見てみましょう。

人的コスト、時間的なコストを費やす

価格調査や競合調査はインターネット上のECサイトや各モールから特定の商品の価格を調べる作業です。

例えば、Aという商品の商品コードや商品名で検索し、現時点での価格をエクセルやメモなどに残して、後から並べ替えや集計によって平均的な価格や最安値、最高値を割り出します。その上で価格を比較検討し、実際の売値として反映する形です。

簡単に言えば人的コスト、時間的なコストを費やして行う方法であり、目視によるチェックと手作業が大部分を占める方法です。

たくさんの競合他社の価格をリアルタイムで捉えるのは難しい

実は価格調査や競合調査は人的コスト、時間的なコストを増やす方法では必ず限界が訪れます。なぜなら、検索して調査、集計して比較、価格の決定には膨大な時間が必要であり、リアルタイムで捉えるのが難しいからです。

例えば、ひとつの商品を週に1回価格調査、競合調査したとします。もしかしたら、翌日にはどこかのショップが価格を変更するかもしれません。もし、その価格変更に気が付かないまま同じ価格で1週間放置されていたら、やはり機会損失となる可能性は高いです。

その他にも手動や目視によるチェックはうっかりミスやヒューマンエラーが起きやすく、不要な手間を増やしてしまうことも考えられます。

価格調査、競合調査のツールを使ってみよう

実は手動と目視によるチェックではなく、価格調査、競合調査が可能なツールを利用するという方法があります。人的コストや時間的なコストを省いて簡単に価格調査や競合調査の自動化が可能です。

当社の提供する「らくらく最安更新」であれば、価格の調査から決定、変更までのプロセスが全自動で行われます。手間暇を省くだけでなく、価格を決めなければならないというストレスからも開放されるのは大きなメリットです。

また、自動で価格を設定するといっても、下限価格を設定することでむやみな価格競争に巻き込まれることはありません。利益を確保できる価格をリアルタイムに提示できるようになるので、機会損失や露出する機会を減らさずにすむようになるでしょう。

まとめ:価格調査にはコストが必要だということ

価格調査や競合調査はコストの塊と言えます。ひとつひとつの作業は簡単でも積み重なれば他には何もできないような事務作業になるのも事実です。

1つの商品を10店舗で調べるとして、1回あたり1分として10分、手動でコピーしてエクセルに貼り付け並べ替えや集計するとすればプラスで10分、これだけで20分が経過してしまいます。その上で価格を比較してどの価格にするのか、反映することも考えれば1つの商品の調査、比較、反映まで30分くらいは必要になります。もし、取り扱う商品が10、20、30と増えてくれば、やはり物理的に対応するのが難しいことは明白です。

可能であれば早い段階で当社の提供する「らくらく最安更新」のような価格調査、価格自動更新のツールを利用することをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が価格調査や競合調査の必要性や作業手順について知りたかった方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます