ECサイト運営に必須な価格チェックツールのメリット・デメリット

ECサイトや楽天、アマゾンやYahoo!ショッピングでオンライン販売を運営していると気になるのが「商品の相場」や「他社の売値」です。

どちらも価格チェックツールを利用することで把握できますが、価格チェックツールのメリットやデメリットがわからないままで導入が進んでいない場合もあるでしょう。

商品やショップのサービスがどんなに優れていても、相場や他社の売値から離れた価格では売り逃すこともありますし、何よりも顧客やユーザーの購入意欲が削がれるのも事実です。

今回はまだ価格チェックツールを導入されていない運営の方向けに、ECサイト運営に必須な価格チェックツールのメリット・デメリットをご紹介します。

価格チェックツールのメリット

まずは価格チェックツールのメリットについてチェックしてみましょう。

1.時間や人的コストを大幅に削減できる

価格チェックツールの1つ目のメリットは時間や人的コストが大幅に削減できることです。

例えば、楽天やアマゾンやYahoo!ショッピングで商品名を検索し、検索結果に表示される商品が同一のものかチェックし、ひとつひとつの価格をメモするとなると膨大な時間と労力が必要です。

価格チェックツールであれば自動で各モール内の価格を商品ごとに集計、可視化してくれるので時間や人的コストの削減、リソースの確保が可能です。

2.商品ごとの相場や適切な価格がわかる

価格チェックツールの2つ目のメリットは商品ごとの相場や適切な価格がわかることです。

利益の確保は大切なことですが、相場からかけ離れた金額の場合は顧客やユーザーが不信感を持ってしまうこともあり、結果として売れなくなるどころか「怪しいショップ」として認識されてしまい、その後の購入につながらなくなってしまうことも考えられます。

昨今では「悪質な転売」をする業者の存在も目立っており、真っ当にオンライン販売しているのに同じにされては困ってしまいます。

価格チェックツールによって適切な価格で提示することで、顧客やユーザーが安心するだけでなく、購入するショップの選択肢のひとつとして選ばれるようになるでしょう。

3.売り逃しにくくなるので在庫過多になりにくい

価格チェックツールの3つ目のメリットは売り逃しにくくなるので在庫過多になりにくいことです。

商品は抱えたままでは利益になりません。適切な価格で販売できないまま在庫過多になれば、在庫を抱えるためのコストが発生します。

特に一度売れなくなった商品を無理に安売りしようとして、結果的に利益を損ねてしまったり、在庫を抱えるコストが売上を圧迫してしまうことは避けるべき事態と言えます。

適切な価格で販売できるようになれば、他のショップと並んで比較検討の対象になると同時に、売り逃しや機会損失が限りなく少なくなり、在庫過多にもなりにくくなるでしょう。

価格チェックツールのデメリット

次に価格チェックツールのデメリットについてご説明します。また、デメリットとなる部分は価格チェックツールによって異なりますので、比較対象の材料としてください。

1.調査対象となるモールが少ない

価格チェックツールを提供している会社によっては調査対象となるモールが少ないことがあります。

もちろん、必ずしもモールごとの相場や適切な価格が異なるとは言えませんが、調査対象が少ない=情報量が少なくなるというのはデメリットでしかありません。

価格チェックツールを選ぶ時はどのモールが調査対象となるのかチェックしてください。

2.価格の自動更新に対応していないツールがある

価格チェックツールによっては、価格の調査は可能だけれど、価格の自動更新に対応していない場合があります。もちろん、調査する労力や時間的なコストは省けますが、価格を判断し、更新する労力は残ったままです。

商品が1個、2個程度であればそこまで労力とは言えませんが、10個、100個となれば話は別です。

ただし、価格の自動更新に対応しているツールであればデメリットではありません。価格チェックツールを選ぶ時は必ず「価格の自動更新に対応しているかどうか」をチェックするようにしましょう。

3.更新頻度が低いツールだと利益を損なってしまう。

価格の自動更新には対応しているけれど、更新頻度が低い場合は利益を損なってしまうことがあります。例えば、モール内の他の店舗が無理な値下げで売り切れになった後など、その後通常の価格に戻すことで利益を確保できる可能性があるのに、翌日、または翌々日の更新になってしまえば、本来得ることができた利益を失ってしまいます。

価格チェックツールを選ぶ時は価格の自動更新だけでなく、更新頻度の回数やタイミングについてもチェックが必要です。

まとめ:価格チェックツールを選ぶ時に注意!

価格チェックツールのメリットやデメリットについてご紹介しました。

実は今回ご紹介したデメリットの部分は当社の提供する「らくらく最安更新」では全て解決されている問題です。対象となるモールの数、価格の自動更新、更新頻度の部分をチェックしてくだされば、すぐにでも導入したいと考えていただける機能を有しておりますので、ぜひとも比較検討の材料にしてください。

また、現在トライアルも無料で提供しておりますので、お気軽にお問い合わせ、ご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が価格チェックツールのメリット・デメリットを知りたかった方、価格チェックツールの選び方を知りたかった方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます