EC事業における価格調査の効率化と業務プロセスの改善方法とは

EC事業においても効率化や業務プロセスの改善が求められます。同時にDXの推進、2025年の崖問題のことを考えると、デジタル競争の敗者とならないためにも、新しいIT技術を柔軟に受け入れる体制作りも重要です。

今回はEC事業における価格調査にフォーカスを当てて、価格調査の効率化や業務プロセスを改善する方法についてご紹介します。

効率化や業務プロセスの改善とは何か

まずはEC事業における効率化や業務プロセスの改善について、いくつかご説明します。

単調作業の洗い出しやミスの起きやすい部分の把握

日々の業務の中で単調で同じことを繰り返すもの、判断や選択、決定を必要としないものを洗い出します。

同時に、人力で行う作業において、目視によるチェック、手入力などによるミスが起きやすい部分を把握しましょう。

EC事業やオンライン販売の運営では事務処理において同じことの繰り返し、単調作業が存在します。同時にそれらはミスの起きやすい部分であるのも事実です。

まずはどのような作業があるのか、効率化や改善の前に業務プロセスの分析を行うことが重要です。

ソフトやツールで自動化できるものは自動化する

作業や業務プロセスの洗い出し、分析が終わったら次はソフトやツールによって自動化することを目標にしましょう。

例えば、エクセルのファイルから社内システムへのコピペ作業、メールの本文からの転記など、手作業でなくとも良い部分は自動化すべきです。

もちろん、適切なツールやソフトがない場合は自動化ができないこともありますが、何が自動化できて、何が自動化できないかを把握することが大切だということを覚えておきましょう。

事務作業の負担を軽減=リソースの確保

EC事業においては事務作業の負担を軽減することが、社内や組織内におけるリソースの確保につながります。

また、優秀な人材なのに単調な作業ばかりを任せてしまうのは非常にもったいないです。同時にやりがいを感じられないような作業の繰り返しは離職率の上昇を招きかねません。

自動化が可能な部分の事務作業は自動化して、人間として生産性のあること、付加価値の高い業務を割り当てることが業務プロセスの改善、効率化とともに生産性の向上につながります。

価格調査の効率化なら価格調査・競合調査ツールがおすすめ

業務効率化や業務プロセスの改善、事務作業の負担など、実際は把握しているけれど適切なツールやソフトに出会えず、改善が進まないこともあるでしょう。

EC事業であればまずは価格調査・競合調査ツール/ソフトを導入することで、価格調査を自動化するのがおすすめです。

価格調査・競合調査ツールがどのようなものか、簡単にご説明します。

各モール内の競合他店の価格を自動・一括で調査

価格調査ツールは出店しているモール内の競合他店の価格を自動・一括で調査し、結果を出力してくれます。手作業や目視によるチェックでの価格調査と違い、時間的なコストの削減だけでなく、うっかりミスやヒューマンエラーの低減にも効果的です。

特に価格調査は時間的なコストと人的なリソースの浪費につながりやすい反面、EC事業としては重要な業務であるため安易に効率化できずに悩まれる部分でもあります。

価格調査・競合調査はソフトやツールによって自動化することが可能だということをまずは覚えておきましょう。

自動化によって、業務プロセスの改善に

価格調査を自動化することで、単純に時間的なコストと人的なリソースの浪費が軽減されます。本来であれば必要だったリソースが確保できれば、他の業務プロセスへの改善にもマンパワーを割り当てることが可能となり、必然的に社内や組織内全体のパフォーマンスが改善されるということです。

1日3時間の削減。年間/約800時間の削減!

価格調査・競合調査ツールを利用することで、例えば価格調査に必要な時間が1日3時間だとすれば、年間/約800時間の削減できる計算です。そもそも、1日3時間もの人的リソースが確保されれば、その他にやれることが増えるのは明白です。

また、当社の提供する「らくらく最安更新」であれば、価格調査だけでなく「価格の自動更新」も可能なので、さらに効率化や業務プロセスの改善となるのは間違いありません。

「でも、ランニングコストが・・・」とお悩みの場合は、単純計算ですが人的コストと比較してみてください。例えば、年間800時間×時給1000円=800,000円というコストが削減されることを考えると、らくらく最安更新を導入した方が確実にコストの削減につながります。

今ですと無料トライアルを提供しておりますので、ぜひともこの機会にお気軽に問い合わせ、お試しください。

まとめ:ソフトやツールによる自動化や効率化を受け入れよう

今回はEC事業における価格調査の効率化や業務プロセスの改善についてご説明しました。

一昔前であればソフトウエアやツールの導入や運用、保守にはそれなりのコストが必要でした。しかし、昨今ではIT技術も進化し、便利な技術やサービスがとても安価で提供されています。

ソフトやツールを導入するとお金がかかる!という固定観念を持たずに、新しい技術を導入することで削減できるコストを試算しながら、効率化や業務プロセスの改善に取り組むことのがおすすめです。

その際、当社の提供する「らくらく最安更新」も導入する対象の一つとして検討していただけると嬉しく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がEC事業における業務プロセスの改善や効率化、価格調査における事務作業の負担を軽減したいと考えていた方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます