価格調査を元にカテゴリーごとに価格更新を行う方法とは

ECショップや楽天・アマゾン・Yahoo!ショッピングに出店などオンライン販売を運営する中で「値引き」が悩みの種になることがあります。

商品の数が少なければ時間的なコストや人的なコストも少なく済みますが、それなりの数があると大変ですし、何よりも売り時を逃してしまうかもしれないという問題も抱えています。

今回は価格の値引きに関する悩みを解決する方法として、価格調査結果を元にカテゴリーごとに一括で値引きする方法をご紹介します。

価格調査とカテゴリーごとの値引きについての考え方

まずは価格調査とカテゴリーごとの値引きについての考え方をチェックしてみましょう。

商品ひとつひとつの価格調査・価格更新は大変だが重要

取り扱う商品の価格・値段の相場については、季節や時期によって変動する場合があります。商品によってはひとつで十分、またはもう少し安ければ複数買いたいのにと考える顧客やユーザーもいるため、状況に合わせて価格の見直しを行わなくてはなりません。

商品ひとつひとつの価格調査や価格更新は非常に大変ですが、ちょっとした価格差で売り時を逃すこと、機会損失になってしまう可能性があることを考えると必須となる作業なのは間違いありません。

メーカーやブランドなどに区切ってセール

もし、取り扱う商品をメーカーやブランドごとに区切ってセール・値引きできれば大幅な作業時間の削減と、値引きによって売れることで利益の確定にもつながるのがメリットです。

同時に顧客やユーザーが好きなメーカーやブランドが安くなっていることを知ればまとめて購入したくなる可能性もあることを考えると、セールや値引きで一気に在庫を片付けたい場合や、特定のメーカーやブランドのみ売り切りたい場合にタイミングでも役立ちます。

任意のリストやカテゴリーで値引きする

メーカーやブランドごとではなく、任意のリストやカテゴリーによって値引きしたい場合でも、ひとつひとつの価格を調整するよりも作業時間を削減できます。
例えば、売れる商品のリスト、売れない商品のリストなど販売状況に合わせて値引きすることができれば、作業効率も向上しますし、一括で処理できるのなら細かなうっかりミスやヒューマンエラーの軽減にもつながるのもメリットです。

価格調査結果を元に一括で値引きする方法

価格調査と価格更新が重要であること、メーカーやブランド、または任意のリストやカテゴリーで値引きできることのメリットをお伝えしました。

次に価格調査結果を元に一括で値引きする方法をご紹介します。

商品のカテゴリーやグループ分けを行う

まずは価格調査の前に商品の大まかなカテゴリーやグループ分けを行いましょう。

メーカーやブランドで分類したり、何千円以上、何千円以下などの価格帯によって分離したり、一括で値引きの操作をしたいリストを作るイメージです。

もしくは、値引きのパーセンテージごとに商品を分類することで、このカテゴリー・グループはセールのタイミングで何パーセント値引きしようなどなど、あらかじめ値引き率を定めるのが楽になります。

その他にも原価や利益率に応じて値引きできる最大値で分類するのもおすすめです。これ以上下げたら原価割れしてしまう、もしくは採算が合わないなどで分類しておくことで、利益の目減りを防ぐことが可能です。

価格調査&自動更新ツールを使う

EC事業における価格に関する作業や業務は直接的に売上や利益に影響するため、慎重に対応する必要があります。しかし、目視によるチェックや手作業での入力ですと数が多ければ多いほどうっかりミスやヒューマンエラーが発生することは否めません。

もっと楽に、しかも効率的にするためには価格調査と価格の自動更新が可能なツールの導入がおすすめです。

RPAツールやスクリプトなどによって自動化も不可能ではありませんが、価格調査に加えて自動更新も行いたい場合は自社のECサイトだけでなく、楽天やアマゾン、Yahoo!ショッピングなど各モールとの連携も必要なことを考えると難しい可能性が高いです。EC事業やオンライン販売に特化した価格調査&自動更新ツールを導入するほうがスムーズですし、何よりもすぐに業務になじむという利点もあります。

価格調査のみ、またはオプションのないツールに注意

ツールによっては価格調査のみ、またはオプションのないツールも存在します。価格調査はできるけれど、価格の調整や更新が行えない、または細かな設定が可能なオプションがない場合もありますので十分に注意してください。

例えば、当社の提供する「らくらく最安更新」であれば、カテゴリーやグループ分けが可能であり、価格調査から価格調整、価格の更新を自動かつ一括で行うことが可能です。

価格調査や価格調整、価格更新におけるコストを大幅に削減できること、うっかりミスやヒューマンエラーの軽減、何よりも自動化によって作業や業務の効率がアップするので非常におすすめです。

今ですとお試しの無料トライアルも提供しておりますので、ぜひともこの機会にご利用ください。

まとめ:EC事業やオンライン販売に自動化を取り入れよう

今回は分野やカテゴリーごとに値引きすることの考え方や価格調査結果を元に分野やカテゴリーごとに一括で値引きする方法をご紹介しました。

単調な作業やミスを生みやすい作業を自動化することで、時間的なコストや人的なコストの削減にも効果的です。価格調査&自動更新ツールを取り入れることで、EC事業やオンライン販売を「楽」にすることを意識してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がEC事業やオンライン販売において分野やカテゴリー・グループごとに一括の値引きをしたかった方、スムーズにセールに対応できるような仕組みが知りたかった方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます