楽天の売上が減少する前に導入しておくべきマーケティングツールとは?

楽天でEC事業を運営している場合、やはり一番気になるのが売上の減少です。EC事業では在庫を抱えて売れなくなりはじめると原価割れでも売るしかなくなることもあり、結果的に元が取れなくなることもあるからです。また、最悪の場合はEC事業そのものを撤退しなければならない事態もあらかじめ想定しておかなくてはならないでしょう。

そうなる前に、楽天で売上が減少する原因を把握しながら、売上が減少する前に何らかの対策をしておく必要があります。

今回は楽天で売上が減少する原因や楽天で売上が減少する前に導入しておくべきマーケティングツールをご紹介します。

楽天の売上が減収する原因とは何か

はじめに楽天の売上が減収する原因をいくつかチェックしておきましょう。

ユーザーにリーチしていない

ユーザーにリーチしていないとは、単純にユーザーの目に止まっていない可能性があるということです。どんな商品でも、ユーザーの目に触れなければ買ってもらうことはできません。

まずはユーザーの目に触れるような仕組みや対策、工夫をすることが大切です。

ユーザーに選ばれていない

ユーザーに選ばれていないとは、ユーザーにリーチしているけれど、クリックやタップされていないことを意味します。

ユーザーに選ばれない原因はショップとして信頼がないか、もしくはレビューや評価などで判断されている可能性があります。

また、極端なことを言えば他のショップのファンやリピーターである場合はそもそも選ばれなくなってしまいます。

このことから、まずはユーザーにファンやリピーターになってもらうこと、ショップとして認知してもらえるようなマーケティング展開を考えるようにしましょう。

ユーザーが望む価格ではない

ユーザーが望む価格ではないとは、他店の価格やセール、または相場などを把握していないことでユーザーの「これくらいで買いたい」という思惑から外れてしまっていることを意味します。

ユーザーが望む価格は楽天やその他のECショップで見ている「目に入る価格」で判断されます。

ユーザーが価格を把握していることを考えれば、楽天でショップを営む側も価格を把握し、適切な価格を提示することで機会損失は少なくなります。

価格調査や競合調査は大変な手間ではありますが、楽天でEC事業を営むなら導入すべきと言えます。

楽天の売上が減収する前に導入しておくべきマーケティングツールとは

次に楽天の売上が減収する前に導入しておくべきマーケティングツールを3種類ご紹介します。

レビューやクーポンのサポートツール

まずはユーザーにリーチするためにも、レビューを増やすことを意識してみましょう。そのためにはレビューやクーポンをサポートするツールを導入しましょう。

当社の提供する「らくらくーぽん」であれば、購入後のフォローメール(レビューのお願い)からクーポンの配布までを自動化、そして管理することが可能です。

ユーザー側にもクーポンがもらえるというメリットがあり、ショップ側としてもレビュー増加、リピート率の向上につながることが期待できます。

在庫連動・在庫管理ツール

次にユーザーに選ばれるショップになるためにも、在庫連動や在庫管理ツールを導入して、在庫の有無の把握や在庫切れによる機会損失を少なくしましょう。

また、在庫切れによる機会損失だけでなく「在庫が無いのに在庫が有りの表示」になっていることで、注文して確定したのに商品がない、または届くのが遅れるとなってはショップに対する不信感をもたれてしまうことになり、結果としてリピート購入を期待できません。

当社の提供する「らくらく在庫」であれば、在庫切れや品薄、または他のECサイトやモールとも合わせて「実在庫とウェブ上の在庫数の一元管理」が可能となります。

在庫切れ、または在庫数が合わないことによるクレームなどの防止にもつながりますし、何よりもショップとしての信頼や安心感の基盤や土台を築くことができます。

価格調査、競合調査ツール

次にユーザーが望む価格を提示するために価格調査や競合調査ツールを導入しましょう。可能であれば自動で価格調査及び競合調査する機能と、自動で価格を楽天のショップに反映させるツールが望ましいです。

当社の提供する「らくらく最安更新」であれば、自動で価格調査から、設定した範囲で自動で価格設定することが可能です。

また、他店の在庫数に応じて自動で価格の再設定も行えるので、商品によっては最安値を提示しながら、他店が売りきれたら価格を底上げするようなこともできます。

まとめ:楽天のEC事業の自動化を推進しよう

今回は楽天で売上が減少する原因や楽天で売上が減少する前に導入しておくべきマーケティングツールをご紹介しました。

ご紹介したマーケティングツールはそれぞれ自動化できる範囲があり、それぞれが「事務作業の負担の軽減」や「うっかりミスやヒューマンエラーの防止」にもつながります。

EC事業において膨大な事務作業は課題となっています。事務作業の遅延はそのまま発注ミスや在庫切れだけでなく、商品到着の遅延を招くことから、何らかの形で自動化すべき部分です。

その中でも価格調査や価格変更は商品数が多くなればなるほど手間暇が増えます。言い換えれば儲かれば儲かるほど大変であり、逆に言えば売上が減少する要因にもなり得るということです。

どのマーケティングツールを使えば良いか悩んだら、まずは無料トライアルをご利用ください。

また、まとめて導入をご検討されるかたはお気軽にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が楽天の売上が減少する前に何をすべきか知りたかった方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます