ECサイトの運営で価格競争に巻き込まれない方法

ECサイトの運営では、価格競争に巻きこまれずに、利益を確保することが重要です。

しかし、競合とかけ離れた価格設定をしてしまうと売れなくなり、逆に値下げしすぎると利益が損なわれてしまうため、悩みどころです。

また、価格調査や価格決定に時間を割いてしまうと、顧客対応やその他の仕事に手が回らず、本来の業務が疎かになってしまいます。

どうしたら、価格競争に巻き込まれずにサイト運営ができるのでしょうか?
今回はECサイトの運営で、価格競争に巻き込まれない方法についてご紹介します。

「価格競争」に巻き込まれてしまう原因

はじめに、なぜ価格競争に巻き込まれてしまうのか原因を見ていきましょう。

「同業他社、競合他社の動向」を気にし過ぎている

ユーザーは値段ありきの人もいれば、値段よりもショップの対応を重視する人など、十人十色です。
比較しすぎることで他社の価格に振り回され、労力が奪われます。本来の業務も疎かになってしまう可能性があり、注意が必要です。

手作業での価格調査には限界がある

手作業で価格を調査し、更新するという手順では、商品数に比例して費やす時間も膨大になり「商品価格の相場を追い切れない」のが現実です。
少しの価格差で負けてしまい、売れなくなれば利益や売上がつながらないまま、価格競争に巻き込まれてしまい、時間や人的コストの浪費につながってしまします。

「市場のデータ」に惑わされている

同業他社、競合他社の価格はあくまで「市場のデータ」でしかありません。
実際問題として「利益が出る適切な価格」と「相場や希望小売価格を逸脱しないユーザーが買いたい価格」がかけ離れていなければ、商品は売れます。

同業他社、競合他社の価格はデータであると認識し、自分のショップの本来の業務である顧客対応などのサービス面を強化した方が中長期的に見てリピーターやファンの獲得にもつながりやすいです。

価格競争に巻き込まれない方法

その上で、ECサイトの運営で価格競争に巻き込まれない考え方や具体的な方法をご紹介します。

販売価格をシステム的に一元管理する

まず、人力による価格調査や価格更新を卒業して、販売価格の決定をシステム的に一元管理する「価格調査・価格更新ツールを導入すること」から始めましょう。
特に、価格調査は品数が増えれば増えるほど、時間と人的リソースを膨大に必要とします。

早い段階で自動で、価格調査を行えるようにしましょう。
可能であれば価格調査のデータに基づいて自動で反映し、価格更新できるツールがおすすめです。

一過性のセールで価格を付けない

価格調査や価格更新が可能なツールを導入したら、「一過性のセールで価格を付けない」ことを意識しましょう。
価格ありきのユーザーを除き、普段から相場や定価に近い金額で買ってくれるユーザーにとっては、安価になりすぎたりセールの回数が増えすぎると、商品の魅力を半減させる可能性があるためです。

自動で価格調査や価格更新ができるツールを導入すると、際限なく価格が下がることもなく原価割れしない価格を設定できます。そのため、安易な一過性のセールで価格を付けなくなり、非常に安心です。

利益のでる価格で売る

ECサイトは実店舗と比べると価格競争になりやすく「利益の出る価格で売る」ということが難しいです。しかし利益が出ないことにはビジネスとして成り立ちません。

価格調査・価格更新ツールを導入すると、原価割れせずに競合を追跡できるため、着実に利益を積み上げることができます。

まとめ:価格競争に巻き込まれない仕組みを知り徹底しましょう

今回はECサイトの運営で価格競争に巻き込まれない方法をご紹介しました。

価格競争は精神的にも疲れますし、何よりも価格競争したから儲かるわけでもありません。「安ければ安い方がいい」のは当然ですが「安く売るための仕組みがあったとしても、利益は少ない」というのが現実と言えます。

まずは、適切な価格を知る市場調査として自動で価格調査や価格更新できるツールを導入することをおすすめします。
もし、自動で価格調査や価格更新ができるツールをお探しであれば、当社の提供する「らくらく最安更新」をおすすめします。

自動で価格調査、そして任意の値の範囲内で自動価格更新することが可能です。チェックツールとして、そもそも売れない商品もわかるので仕入れをせずに済みます。価格競争に巻き込まれないために、この機会にぜひご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がECサイトを運営していて価格競争にお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます