【ネットショップの値段設定で悩む方へ】「適正価格」にする方法とは

ネットショップ運営では値段設定に悩むことがあります。なぜなら、メーカー小売希望価格、定価、相場、利益率などの要因の他に実際に売れる値段の見極めが難しいためです。

今回はネットショップの値段設定で悩む方に向けて、値段を「適正価格」に設定するためにどんなことが必要なのかをご紹介します。

値段設定する際に、考慮すべきポイント3つ

①売値-仕入れ値=利益?

ネットショップの値段設定の前提として「売値-仕入れ値=利益」という計算があります。そして利益となる部分の数字がマイナスになるということは基本的にはあり得ません。

言い換えれば売値 > 仕入れ値だということ。そして売値は「売れる値段」としての設定が難しく、場合によっては値下げが必要な場合もあるでしょう。

困ってしまうのがあまりにも売れず、採算度外視どころかマイナスになるのがわかっていても仕入れ値よりも安く売る必要が出てくることです。

そんなことを繰り返せばネットショップ=EC事業として成り立たず、ゆくゆくは事業として閉鎖せざるをえない状況です。

②メーカー希望小売価格と仕入れ値と売値の関係

ユーザーとしてはメーカー希望小売価格や定価や相場を元に商品を購入します。販売する側としてもメーカー希望小売価格や定価、相場を元に値段を付けます。

そして、「ユーザー側が買いたい値段」と「販売する側が売りたい値段」に乖離があると、商品が売れない可能性があります。

ネットショップの値段設定は「販売する側が売りたい値段」と「ユーザーが買いたい値段」を限りなく近づけることがだということです。

③競合他社やライバルショップの値段

ネットショップでは競合他社やライバルショップが50円、100円という小さな値下げやセールをする可能性もあり、知らず知らずのうちにユーザーが他のショップで購入してしまうこともあるでしょう。

言い換えれば、メーカー希望小売価格や定価、相場、そしてユーザーが買いたい値段の条件を満たしているのに、たった50円、100円の値下げでユーザーが奪われてしまうということです。

これらのことから、ネットショップによる値段設定は「さまざまな要因があり、リアルタイムで変化する数字」を把握した上で、かつ利益が出て売れる値段が「適正価格」であると理解すべきと言えます。

適正価格にするためには

価格調査と価格更新を行う

適正価格を見いだすためには、リアルタイムかつ相場や流行り廃りに沿った値段設定を行う必要があります。

そのために、EC市場全体での販売価格を調査(価格調査)し、調査結果に応じて価格を変更すること(価格更新)が、適正価格にする上で最も大事なことです。

しかし、価格調査や価格更新は人的リソースおよび時間的リソースを膨大に消費する大変な作業です。しかも、時間が経てばまた価格調査および価格更新する必要があるため、他の業務に支障が出たり、手を抜けば精度が下がってしまい、やはり適正価格を見いだすことができなくなります。

価格調査と価格更新できるツールの導入

人的かつ時間的リソースの浪費を防ぐためにも価格調査と価格更新ができるツールを導入することをおすすめします。

人力による調査や更新に必要な事務作業が軽減できますし、うっかりミスやヒューマンエラーによる不要なコストも少なくなるからです。

逆に言えば価格調査と価格更新ができるツールを導入せず、人力によって事務処理をするのはおすすめできません。人件費だけでなく、時間の浪費が激しいからです。

ネットショップ運営では必ず価格調査と価格更新ツールを導入することを前提として業務体制の構築や作業手順を練り込むことで効率化や最適化を行いましょう。

まとめ:自動価格調査ツールは「らくらく最安更新」がおすすめ!

今回はネットショップの値段設定で悩んだ時におすすめしたい「適正価格」についてご紹介しました。

利益が出て売れる値段=適正価格であることはわかったけれど、現実問題として価格調査や価格更新に割く余力はないというケースもあるでしょう。

もし、価格調査、価格更新ツールを使ってみたいとお考えであれば、ぜひとも当社の提供する「らくらく最安更新」をご検討ください。24時間365日、定期的な調査と自動の価格更新を可能とし、人的リソースや時間的なリソースを浪費せず適正価格の把握および提案を可能としますので、ぜひともこの機会にご相談、お問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がネットショップにおける適正価格について知りたかった方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます