作業効率化!ECの価格更新の方法について

ipad-820272_640

価格調査を行う中で、調査した価格をどのように使うかが重要ですよね。

弊社の価格調査ツール「らくらく最安更新」を利用していただいているユーザー様のほとんどが自店舗の価格更新機能を利用されていますが、中には価格調査のみ行いたいという方もいらっしゃいます。

価格調査のみ使いたいという方の中でも、「調査後の価格をどのように使ったらいいかわからない…」というお悩みをお持ちの店舗さんは多いです。
今回は、そんなお悩みを解決できるよう、調査価格の使い方について、ご紹介したいと思います。

個別で更新する場合

1つ1つの商品の競合店舗の価格を調査したあとは、その価格に合わせて自店舗の価格も変更しないといけません。しかし調査する所は商品価格だけではありませんよね。送料やポイントなども自店舗の価格を決める上では重要項目です。

毎回1商品ずつ検索しページを開いて価格更新していたら、それだけでかなりの時間がかりますよね…

rank-page

らくらく最安更新の機能のご紹介になりますが、競合調査が終わると上の画像のようなランキングページから、商品ごとの調査結果を一覧で確認できます。このページでは、送料、ポイント、店舗名などの調査結果詳細が表示されており、どの順位の価格に合わせたいかを調べられますので、自店舗との価格比較がし易いページとなっています。

1商品に対しての手間が削減できて、比較の作業が楽になります。こちらは、商品数が少ない店舗の方や1商品ごとの価格の動きが気になる方にお勧めです!

自動価格更新

先ほどご紹介した方法は、手動で価格を変更していく方法でしたが商品数の多い方にとっては手動でやることが大変です。

弊社の自動価格調査ツールの「らくらく最安更新」では、価格調査だけでなく自動価格更新も対応しています。APIを使用しているので更新も早く、価格更新も人気のひとつですので調査だけでなく自動価格更新も使ってみてはいかがでしょうか。

30日間無料で利用できる無料トライアルをご用意しています。
まずはトライアル期間で、機能をしっかりお試しいただければと思います。

本サービスに関して、詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。