価格調査ソフトでECサイトの利益を最大化する方法

ECサイトでの販売価格は利益や売上に直結する数字と言えます。利益を最大化するためにはリアルタイムで変動する相場に合わせて適切な価格を提示することが求められます。

しかし、価格差による利益だけでは限界があり、その他のコストの節減や削減も並行して進める必要があるのも事実です。

今回はコストを複合的に減らしながら、価格調査ソフトを使い、ECサイトの利益を最大化する方法についてご紹介します。

価格調査と利益の最大化について

まずは価格調査の基礎知識や利益の最大化について、基本的な考え方のひとつをチェックしてみましょう。取り扱う商品やサービスに応じて適宜読み替えたり、アレンジすることをおすすめします。

価格調査には人的・時間的なコストが必要

手動及び人力、目視で価格調査をするためには調べるための人的コストと時間的なコストが必要になります。

人的なコストや時間的なコストは言うなれば「人件費」に直結するものであり、最終的な利益や売上を圧迫する可能性があるものです。

価格調査によって相場や適切な価格が把握できなければ、商品が売れない。しかし、価格調査によって人件費がかさんでしまうと、利益が目減りしてしまいます。

ECサイトやモールに出店するオンライン販売運営の悩みの種であり、場合によっては事業の継続の可否を問われる部分とも言えるでしょう。

商品の価格差による利益だけでは限界がある

オンライン販売を運営されている方であれば、商品の価格差による利益だけでは限界があることを理解されているのではないでしょうか。

同時に極端なことを言えば、100円の商品を1000円で永遠に売りつづけることができれば損をすることはありませんが、実際には利益率がもっと低い場合のほうが多いですし、商売の仕方によっては薄利多売でギリギリの場合もあるかもしれません。

簡単に言えば利益ありきで他のコストを度外視してしまうと、いずれ破綻してしまいます。

コストを減らすことと適切な価格の追求を

まずは最低限、利益を損ねない適切な価格をリアルタイムで追求する必要があります。並行してコストを減らすことを意識しながら運営し続けるのは非常に大変であり、どうすれば効率的かつ楽に運営できるようになるのか、利益の出やすい企業体質になるにはどうすれば良いのか、悩みは尽きません。

コストを減らしながら適切な価格を提示し続けるにはどうすれば良いのか、その答えのひとつとして「価格調査ソフトで自動化すること」が挙げられます。

価格調査ソフトによる自動化で複合的なコストを減らす

価格調査ソフトは価格調査における作業の自動化が可能です。複合的にコストを減らすことにもつながり利益を確保しながら、日々の作業を楽にしてくれます。

実際に価格調査ソフトがどのような形でコストを減らし、利益の最大化につながるのかチェックしてみましょう。

価格調査の自動化で人的・時間的なコストを削減

例えば、実店舗の価格調査では新聞のチラシやインターネット広告をチェックしたり、競合店舗に行くなどして価格を調査する場合もあります。

オンライン販売であれば、インターネット上で価格を調べられる分、そのような調査は不要ですが、実情としては同じくらいの労力を必要とします。

価格調査ソフトを利用すれば、楽天やアマゾン、Yahoo!ショッピングなど各モールを一括でチェックし、相場や適切な価格の把握を自動化できます。

これだけでも人的・時間的なコスト=人件費が大幅に削減されることにつながり、利益や売上の確保に貢献します。

利益の出る価格をリアルタイムに設定する

価格調査とともに価格更新が可能なソフトであれば、価格を調査したタイミングで利益の出る価格に更新できます。

例えば、当社の提供する「らくらく最安更新」であれば、下限で設定した価格を下回らないよう価格を更新し、他店の売れ行きに応じて価格をアップさせることができます。ただ単に値段を延々と釣り上げるのではなく、適切な価格を維持しながら、相場に合わせた金額を提示できるような設定が可能です。

詳しくは下記ページをごらんください。

機能一覧 | 【自動価格調査ツール】らくらく最安更新|楽天、ヤフー、アマゾンの主要モール対応

機能一覧

リソースの確保で余裕のある運営と利益を目減りさせない体制を

価格調査ソフトによる自動化によって、人的・時間的なコストの削減=リソースの確保につながります。

人件費の削減とリソースの確保が実現できれば、余裕のある運営と利益を目減りさせない体制が整うと言っても過言ではないでしょう。

もし、現時点で目視や手作業による価格調査に悩まれているのであれば、利益の最大化と利益の出る価格のリアルタイムの提示が可能となる価格調査ソフトの導入をおすすめします。

当社の提供する「らくらく最安更新」であれば、価格調査に加えて価格更新も可能です。価格調査ソフトを選ぶ際の一候補として検討してくださいますようお願いします。

まとめ:商品価格以外のコストにも着目することが大事

ECサイトや各モールへの出店などオンライン販売では価格に注目しがちです。もともと商売で物販をされていた方であれば既知の問題でも、オンライン販売になった途端に把握しきれなかったり、対応できなかったりすることがあるので注意しましょう。

昨今では個人の方によるECサイト運営やオンライン販売への敷居が低くなっていることから、競合他社が企業や組織ではなく、個人で同様の商品を取り扱うライバルが増えています。

利益を消し飛ばしてしまうような価格競争に巻き込まれないためにも、さまざまなコストに目を向けながら、適切な価格を維持し、時には柔軟な価格設定が行えるような体制作りを心がけてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がECサイトやオンライン販売における利益の最大化や価格調査ソフトについてお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

らくらく最安更新は無料でお試しいただけます