意外と重要!ネットショッピングの送料の決め方


city-trans-3332623_640

ネットショップ運営をしていくなかで、絶対にかかる費用が送料です。
最近では、運送会社の送料値上げがありショップ運営している方にも大きな影響がありました。

今回は、送料の対策や利益を出すための工夫についてご紹介していきます。

送料の考え方

ユーザーが商品を購入する際に、選ぶ条件として送料は大部分を占めると言っても過言ではありません。
例えば、欲しいと思っていた商品がAショップとBショップで売っていたとします。どちらの商品も価格が同じ場合、ユーザーは送料が少しでも安い方から購入しようとします。この様に送料は購入の決め手となります。

送料の設定には、たくさんのパターンがあります。

全国一律で同じ料金

一番よく見る送料設定です。ヤフーショッピングなどでも「全国一律800円」の表記を見たことある方も多いと思います。メリットとしては、遠い場所でも料金が変わらないため送料を調べる手間がなくわかりやすいことです。

○○円以上送料無料

こちらもよく見かけるのですが、一定の金額以上購入してもらった場合に送料無料にする形です。メリットは、条件の金額に達していない場合、目的の商品以外も購入してもらえるので、1人あたりの購入単価が上がります。

配送先別に応じた料金

自分の発送店舗から近い場合、送料を安くするなど、距離に応じて料金を変えて設定します。こちらの設定の場合は、近場の人は送料が安くなりますが、距離が遠い購入者だと高くなってしまうので、地域によって注文が入りにくくなる場合があります。

発送方法別に応じた料金

こちらは、小さい商品などであればメール便で送料無料にするなど、大きさで発送方法と送料を変える方法です。

送料無料

全国送料無料のこちらの設定が1番購入者にとってわかりやすく、料金的にも喜んでもらえます。ただし、こちらの設定は、ショップを運営している方からすると考えることが多くなる設定でもあります。

以上5つが主に使われている送料の設定です。
一概にどれがいいと言えませんが、ショップの取り扱っている商品や競合のショップなどの条件を考えて送料のパターンを決め、購入者に伝わりやすい表示でしっかりと伝えていきましょう!

利益を出すための工夫

graph-163509_640

送料無料を設定するにしても商品価格の表示方法など、送料設定だけではなく、いろいろと工夫をしていかないと送料を安く見せれません。

商品価格に送料を含める

例えば、下記のような2つのショップに同じ商品があったとします。

商品価格送料
ショップA5000円1000円
ショップB6000円0円

この場合、購入した際の合計金額は同じですが、ショップBの方が送料を0円にしていることでお得に見せています。

このようにかかる金額は同じですが、見せ方を工夫することで送料の値下げなどしなくても購入してもらえるケースが増えてきます。

また送料は、わかりやすく書かれていないと送料を確認する時点でめんどうになり、離脱の原因ともなってしまうので、表示方法も重要です。

送料を値上げする際もただ上げるのではなく、○○円以上無料のパターンにするなど、なるべく値上がりしたと感じないようにします。購入ユーザーが損したと感じさせないようにするのが大切です。

やむを得なく送料を変更する場合は、競合の調査や現在の利益見直しなどをして、なるべく利益を減らさないように考慮して変更しましょう。

そういった場合に、競合調査をする際、手動でモールごとに1つ1つの商品を調べるのは大変ですよね…
そんな大変な作業を自動でやってくれるのが、弊社の「らくらく最安更新」です。価格調査だけでなく送料の調査も行っているので、手動で調査するのが大変という方は、ぜひお気軽にお問合せください!

30日間無料で利用できる無料トライアルをご用意しています。
まずはトライアル期間で、機能をしっかりお試しいただければと思います。

本サービスに関して、詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。